仁義なき戦い?キャバクラ死闘編?
15年に及ぶ、キャバ嬢達との「色恋」をかけた死闘を、初めて白日の下に晒す、自虐的ブログです。現在進行形の戦いもリアルに綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての店外デート?後編
待つこと2時間。
バレンタインデーというのに、彼女は他の席には移らず。
他に指名は入っていないようだった。

店が閉店に差し掛かり、照明が、ぐっと暗くなる。

肩に伸ばした手が、少し汗ばんできた。

あ????この子とこれから「デート」。

しかも「夜中の2時」過ぎ。

「どこに行きたい?」聞いた僕。

「えっ、なにそれ?」


・・・・・・おい。もう忘れちまったのか???

冗談じゃない、俺のバレンタインデー返せ。


「バレンタインはデートする約束だったじゃん」

「ごめん、忘れてた。」

おいおい。忘れてたって・・・
今日の飲み代はらわねーぞ。
少なくとも指名料だけでも返せ。


「そうなんだ。じゃ、帰るね」

「えっ帰っちゃうの??」



????

????

「じゃあ、どこか行く?」

「うん、飲みに行きたい」


最初からそう言えよ!

ま、よかった。




当時行きつけのバーへ二人で行くと、「閉店」。
違う店へ行くと、「また閉店」

まさか、今夜は俺に運が向いてる??

車に乗り、助手席の彼女を覗き込むと、もう結構酔ってるじゃありませんか!!


キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!


「休んでいく?」

「うん」




ごちそうさまでした。



数少ない成功例を御紹介しました。

次回は皆さん御期待の「失敗談」。

タイトルは「3度目の正直。」、お楽しみに。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://choidebu.blog66.fc2.com/tb.php/9-131ad686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。