仁義なき戦い?キャバクラ死闘編?
15年に及ぶ、キャバ嬢達との「色恋」をかけた死闘を、初めて白日の下に晒す、自虐的ブログです。現在進行形の戦いもリアルに綴ります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現状報告から
さて、まずは現在の状況から・・・

今は東京都中央区に住んでおります。

最近の行きつけは3件。銀座の「O」、六本木の「B」、新宿の「S」。

それぞれの店に指名の「キャバ嬢」がいます。

まずは銀座の「O」。ここの「Y嬢」にはまっております。

現在までの投資金額は、余裕で300万オーバーしております。

なぜ?っていうぐらい、普通の子なんですね。一体どうして?



彼女との出会いは、そろそろ1年前。

当時の行きつけは「O」の系列店。もう一軒行きたいという先輩に

どこかないの?と店長に聞いたところ、紹介してくれました。

最初はフリーで入店したんですが、いつもめんどくさい。


「名前は?」「おいくつなんですか?」「御結婚されてるんですか?」


あ?、これだから新しい店はめんどくさい!

さっさとお気に入りを決めなければ!と思っていた矢先に

「あれ??どこかであったことがある??」

という嬢が・・・

彼女のHP見てたんですね、数年前に・・・びっくりしました。

というわけで「運命的な出会い」

したのです。

ちなみに・・・そのとき「運命」を感じた嬢は、「Y嬢」ではありません。

え???と思われた方、続きがあるんです。


その「運命」の「A嬢」はアルバイト。店には週1入るだけ。

当時は、ほぼ毎晩飲み歩いていたため、いざ店に行くと

いつも「ヘルプ」の女の子。

あ?めんどくさい。何のために「指名」してるんだ!

また「名前は?」「おいくつなんですか?」「御結婚されてるんですか?」攻撃が・・・


そこに現れたのが、「Y嬢」だったんですね。

彼女は一応「チーママ」と名乗っていたので、「A嬢」が出勤の時は


ま、いっか


ぐらいの感覚だったんですよね。

それが、どんどんと泥沼へ・・・・・・・・・・

どうやって彼女の「罠」に落ちていったのかは、次回。
スポンサーサイト

テーマ:恋愛ゲーム - ジャンル:恋愛

コメント
この記事へのコメント
ちょいでぶ親父さん
こんにちは。夜毎の奮闘、恐れ入ります!
熱いものを感じます。私は真似できないので、ブログ読んで勉強させてもらいます。
2006/05/12(金) 11:18:18 | URL | A.KEN16 #-[ 編集]
ありがとうございます。
御訪問およびコメントありがとうございます。

そういっていただけると、無駄に使った飲み代も
少しは報われます。
2006/05/12(金) 13:28:07 | URL | ちょいでぶ親父 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://choidebu.blog66.fc2.com/tb.php/3-fc0d83a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。